contact Facebook Blog

冬至にはゆず いかがですか?

ゆず、たくさんございます!!冬至にはゆず湯に~♪

本日は冬至です!!

昔の方々は、凄いですよね。自然環境と寄り添い、編み出したんですね!!下記、一読ください!!

...

冬至は「一陽来復(いちようらいふく)」の日

中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくると考えます。そこで、冬至のことを陰が極まり再び陽にかえる日という意の「一陽来復(いちようらいふく)」といい、この日を境に運も上昇するとされています。また、悪いことが続いても、回復してよい方向に向かうという意味もあります。

古代には冬至を1年のはじまりとしていた時代もあり、冬至に未来への希望をつないだのでしょう。

ゆず湯には、ゆず=「融通」がきく、冬至=「湯治」という語呂合せもあります。

ゆず湯に入ると1年間風邪をひかないといわれています。ゆずには血行を促進して冷え性をやわらげたり、体を温めて風邪を予防する働きがあり、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果もあります。さらに、香りによるリラックス効果もあるため、元気に冬を越すためにも大いに役立ちます。

ゆず湯のやりかた

ゆず湯にはさまざまなやり方があるので、お好みで楽しんでください。ゆず湯に入りながら「一陽来復」と唱えると、さらにハッピーになれるそうです。

輪切りや半分にカットしてお風呂へ

香りもよく、成分も出やすい方法。ただし、だんだんグシャグシャになってきて果肉や種がお湯に浮いてくるため、お掃除がちょっと大変かもしれません。

輪切りや半分にカットし、袋に入れてからお風呂へ入れても汚れず良いですよ!

自然素材 西辻弥さんの写真