contact Facebook Blog

農園イベントする意義

なぜ、農園イベントを開催するのですか?

食べることは農業的行為であることを伝えたい・・・。
アメリカの環境文学者ウェンデル・ベリーは「食べる歓び」という
エッセイのなかで次のように述べています。

「食べることは、植え付けと出産から始まる食物経済の年毎のドラ
マに終止符を打つ。しかし、もはや食べる人の大部分は、本当にそ
の通りだと意識はしていない。彼等は、食べ物をを農業の産物だと
、多分考えているが、自分たちのことを農業への参加者とは考えて
いない。彼等は自分たちを「消費者」と考えるのである。更にその
先まで考えを進めて初めて、彼等は自分たちが受動的な消費者だと
自覚する。」

たしかに、どこにある何という農場で、どのような過程で、どのよ
うな技術により生産されたかについては知らない方が多いと思いま
す。生産・加工・流通の過程で有害な化学物質が使用されていない
か、環境や農民に被害は発生していないか、食品に有害物質が残留
していないか、加工食品の材料は本当に表示通りか等々、よく分か
らないことばかりの食品を買い、食べています。

その食べるということまでを農業と考えるのであれば、生産してい
る場所を知ることはおおよそのことが見えてくるのだと考えていま
す。そのために農園イベントでもあります。

ゆくゆくは、皆さんで食べる野菜は自分で栽培する(全てでなくと
も)ことを実現したいです。農は、日本人のDNAに深く刻まれて
いますから。